やることなすこと…。

35度を超える猛暑日となろうかという今日、近所のコンビニまで歩いて行ってきました。

日傘をさして、黒の長袖を着て。

信用はしてないけど、一応日焼け止めも塗って。

暑いからいいや、と靴下を履かず、素足にサンダル(クロックス風の安いやつ)で。

行きはよかったのですが、帰りになるとだんだんと足の甲がヒリヒリしてきました。

これは、靴下を履かなかったことが裏目に出たな…。

まったく、近頃は、私のやることなすこと、全部裏目裏目です。

せいぜい片道10分の道のりなのですが、かなり長く感じました。

なんとか家にたどり着いて、すぐ足の甲を確認。

ちょっと赤くなってるくらいかな、と思ってたのに、かかとにできる靴擦れと全く同じく、足の甲の皮が両足ともぺろんとめくれていました。

なんだよもぉー。

なんでこうも、なにもかもうまくいかないんだろ。

こないだは、うちのうさぎにイヤホンを噛まれてダメにしちゃったし(完全に私が気を抜いたせい)。

それを買い直しても、安さに目がくらんで今までと違うメーカーのやつを買っちゃって、自分のスマホに適合してることは確かめて買ったのに、バグ起こしちゃって使い物にならないし。

で、買い直しの買い直しで、結局うさぎに噛まれたやつと同じのを買って、安物買いの銭失いになっちゃうし。

地味に、落ち込むんですよねぇ、ほんと。

どっかで、好循環に転換したい。明太子通販ふくや

教育費がかかってきました

s-20130121232302104027子供が中学生になって、今まで以上に教育費がかかってきたのです。これまでは学校の授業料だけだったのです。でもこれからは、塾へ通わせたいのです。そして通信講座も受けさせたいのです。参考書にドリル、欲しいものを何でも買ってあげたいのです。この先の受験に困らないため、勉強を何不自由なくさせたいのです。これがきっと子供のためになると思うのです。

でもお金がかかって仕方がありません。トータルにすると、なんと十万円はかかってきそうです。夫のボーナスもカットされた鬼、こんなお金捻出できないのです。とても困っています。勉強したいと言っている子供に、お金がないからと塾を諦めさせたくはありません。私がパートでもして稼がないと行けません。お金のせいで、我慢させたくないのです。一生私が後悔してしまいそうです。

何にするにもお金は必要です。ないよりはあったほうがいいのです。それが教育のためならなおさらです。子供がしたいことをせてあげたいのです。勉強して頭が良くなりたい、いい高校へ行くためにしているのです。それを邪魔できません。難しいですが何とかお金を作って勉強させたいのです。素晴らしい環境の中で勉強させたいのです。

カードローン審査期間

旦那の実家が海外なので帰省にお金がかかる。

s-20130121232901104027私の主人の実家は中国です。しかも上海とかそいう場所だったらまだ近いのですが、そうではなく北京よりも北の方に実家があるので帰省するだけでかなりの金額です。飛行機代も1人分で6万円近くします。なので子供も入れて飛行機代だけで18万円です。空港に行くまでのお金とかも考えると交通費だけで20万円はかかります。

そして、滞在費に10万円くらいそして主人の両親に日頃何もしてあげていないので10万円あげてそしてみんなへのお土産とかも買って言っていたら50万近くかかってしまいます。行くだけでも本当に大変なのにお金もこんなにかかってしまうと貯金なんて出来ません。日本国内でも県外に住んでいるだけで帰省費がかかってしまうのにましてや海外なので尚更です。これは私でもかかりすぎだと思います。主人ですらかかりすぎだと思っています。

確かに主人の実家にも帰りたいのですが遠すぎて更にお金がかかり過ぎてそんなに帰る事は出来ません。なので申し訳ないですが主人にはこれからはあなただけ帰ってくださいと頼みました。主人もそれで良いと言ってくれました。中国は今空気とかも悪いので私の子供は行くとすぐに調子も悪くなるので行くのは本当はやめておいた方がいいのです。主人の両親は孫に会いたいかもしれませんがとにかく一番の問題はお金です。

バイナリーオプション海外

メディアや世間によるお金の刷り込み

s-20130218235638104027お金、というのはどうしてこんなにも集まると嬉しいのか、小さい頃からお金を沢山所持していると嬉しい、といった刷り込みがさかんになされていた事も関係をしているはずです。小さい頃に読んだおまじないの本にて夢が叶うとしたら何を願う、との項目にお金持ちになる、との項目がありましたし、メディアを見ても、お金があると幸せ、といった図式が盛んに挙げられていました。

そのために大人になった現在も、お金があれば幸せになれるといった思い込みが心のどこかにいつも存在をしています。実際のところ、お金よりかは心身の健康が大切なのですが健康は既に掌中に収めている人間が多いのでお金が題材として挙がっていたのだろうと思います。お金は、それほどあってもまだ足りない、と思ってしまうものです。お金持ちの人を見るとキリが無く、一億円あってもまだ足りないなんて言う人はざらに存在します。

それなりに裕福な暮らしをしている人でもまだお金が欲しい、なんて言っている人もいるのです。満足をするためには、お金の金額ではなくて、身の丈を知ることも重要なのだと感じるのです。少量のお金であっても贅沢を言わずに少しのお金で満足できるような心を所持していれば、お金に対する欲求不満を感じずに生活ができるようになります。

キャッシング審査

子供の財産を増やす為にとにかく貯金してあげる。

s-2013070708532311594一人娘がいるのですが、その娘の為に私はとにかく将来財産を作ってあげようと思い、娘が国からもらう児童手当は全部使わずに貯金しています。その他にもお年玉とか知り合いからお小遣いとかでもらったお金とか近所のおじいちゃんがくれたお金とかも全部使わずに貯金してあげています。

そしてそれとは別に子供の為に学資保険に毎月15000円分払っていて更に将来子供が大きくなってから年金だけでは暮らしも大変だろうと思い別に年金用に保険も入っています。なのでそういうのを全て合わせてみると娘が大きくなった時には大体700万円くらいにはなると思います。我家の中で一番のお金持ちです。娘の貯金を増やすのは私にとっても楽しみです。

もともと貯金は大好きなので娘の貯金を増やしてあげるのは私にとってもすごく嬉しいです。これだけ将来の財産があればなんとかなるかなと思います。娘にもちろん全部上げるつもりですが、娘がすぐに使ってしまうとそれはそれで悲しいです。娘もお金の有り難味の分かるそんな人間になってほしいです。でも今は子供が1人なのでその子の為だけにしてあげていますが、もしもう1人増えてしまうとそうはいかなくなってしまうかもしれませんがなんとか頑張ります。

カードローン審査

成果報酬に着目する必要がある

s-2013042711490492866会社で聞いた話、どうやら今年給料下がった人も居るらしいです。…まあ、報奨金の3階建て方式なので、トータルで増加する…という名の元に減額されてるという構成なのでしょう。現状の自分の年収構成は一般的に書いてこう感じになります。職能給 + 成果報酬 + 報奨金 + あえて書くなら特許のインセンティブ問題はこの「成果報酬」です。単に年収を上げる手段にしろ、職能給を上げるにしろ成果報酬が重要という点に着目する必要があります。

役割に関して職能給が支払われてるという嘘っぱちを最も上手く説明する手段として、この成果報酬があります。自分達の年収は安っぽいRPGのキャラクターと大差ありません。経験値を上げるとLvがあがる。つまり次の目標年収を越えるとランクが上がって職能給があがるという寸法です。じゃあ、その経験値をどこで決めるか。「成果報酬」です。与えられた職能給は次のランクまで上がりません。それが、年収ベースで25万や50万の単位です。役割の水増しでそんな簡単に上記の単位を越える訳がないのです。

だから、成果報酬を上げることで次の目標時に近づける(経験値を貯める)行為をしないといけません。業績がいいときは「成果報酬」を上げるチャンスで、業績が悪いときは昨年までの溜まった経験値を使って、「次のランクの職能給」にクラスチェンジします。このサイクルをタイミング良く行えれば言うことはないです。

モビット審査

160_f_45685334_tgin3m6fso9yacsmb2oztdx8coonwhuf誰もが億万長者を一度は夢見たことがあると思います。しかし、社会にもまれ毎日満員電車に揺られ、始発と最終列車の日々、たまの休みは体力を回復するためだけに使いまた月曜日を迎える、そんなじり貧生活のサラリーマンに埋もれてしまっては、いつしかお金もちになりたいという夢は、遠く彼方に消えてしまい、家族を養い、ローンをこつこつ返して、子供に財産を擦り減らされてしまう余生が待っているだけです。

それでは、お金持ちになれる人はどんな人なのでしょうか?お金持ちになれる人には共通点があります。それはまさに興味です。お金に対する純粋な興味こそが、手元にお金を貯めていける人と、そうでない人との境界線です。自らの手でお金持ちになった、もしくはなっていく人は、常にお金のことを考えています。1円単位で自分のキャッシュを把握しています。今日いくらまで使っていいのかをきちんと考えています。

その日の欲におぼれて、勢いだけでお金を使う人には、決して理解ができない世界だと思います。そしてお金持ちになるために、毎日1円でも多く稼ぐために、時間を費やしています。少しでも余裕資金が生まれれば、その中からいくらか投資に使いこそすれ、決してマイナスにならないように推移していくことが、お金持ちになれる第一歩です。